キービジュアル

セレックシステム」による
1Day治療
白い歯が「低価格」「最短1日」で
手に入ります

セレック

  • 苦しい「型取り」不要
  • 精度が高い被せ物・詰め物
  • 長期的に「安定」

セラミック製の白い歯がその日のうちに!

ドクター1

通常なら製作に1ヵ月以上かかるセラミックの詰め物・被せ物。
当院では「セレックシステム」と呼ばれるセラミックの歯をフルオート、かつ高精度で製作するシステムを導入しています。
セレックシステムの詳しい特徴は下記でご紹介します。

特徴1「最短1日」で治療が終わります

会話

従来の治療法では、セラミックの被せ物を作る際、3~4回程来院していただく必要がありました。しかしセレックシステムを使うことで、最短でその日のうちにセラミックの詰め物・被せ物を製作することが可能になりました。

特徴2白さは「長期的」に持続します

被せ物

変色しない「セラミック」という素材を利用しますので、ホワイトニングのように時間の経過とともに色が戻ることはありません。また、歯の白さをいくつかのパターンから選択していただけます。

特徴3苦しい「型取り」は必要ありません

スキャン

皆様も経験があると思いますが、詰め物・被せ物を製作する際、お口の型を採ります。人によってはこの型取りがつらく感じてしまうこともあります。

しかし、セレックシステムでは3D光学カメラでお口の中をスキャンするだけで従来の型取りと同じことができるため、患者様の負担は一切なくなりました。
嘔吐反射の強い方から特に喜ばれています

特徴4コンピューターの制御下で高精度な歯を作れます

精度

CAD/CAMシステムが登場する前、人工歯は全て歯科技工士という専門の職人が作っていました。

しかしどれだけ経験を積んだ職人であっても、人間である以上100%の精度を維持することはできません。

CAD/CAMシステムなら、詰め物や被せ物をあなたの歯に最適な大きさと形状で提供することができます
また、一度データを読み取れば、万が一壊れてもすぐに同じものを作ることができます。
これも人間には決してできないことです。

特徴5虫歯のリスクを軽減します

見た目だけでなく「虫歯のなりにくさ」も重要なポイントです。
従来の治療で使われていた詰め物や被せ物は、CAD/CAMシステムと比べると精度が不十分のため土台となる歯との間に隙間が生じることが多々ありました。

その隙間から虫歯菌が入り込むと、詰め物の中で虫歯が進行してしまうことになります。
表面的には綺麗な歯でも、詰め物を外してみたら酷い虫歯だった、ということは珍しくありません。

  • 治療前
  • 治療後

セレックシステムの歯は患者様のデータを基に寸分の狂いもなく正確に作られているため、虫歯リスクを大幅に軽減することができます。

セレックの精度をより高める「歯科技工士」の存在

技工士1

当法人には専任の歯科技工士が在籍しています。
歯科技工士とは、歯科医師と連携して入れ歯や詰め物・被せ物を作る職人さんです。

通常は歯科医院とは別の場所で仕事をしていますが、いつでも意見の交換、勉強、情報共有ができる環境がやはりベストだと考え、法人内に歯科技工士を雇用し、そして技工の専門ルームを設けました。
患者様には次のようなメリットがあります。

メリット1最短1日で仕上がります

技工士2

セレックシステムを導入しているからと言って、必ずしも1日で仕上がるわけではありません
製作自体はすぐにできるのですが、精度を高めるための調整が必要になるからです。
しかし当法人には、仕上げを専門に行う歯科技工士が常駐しておりますので、すぐに精度を高めるための調整をし、患者様のお口にセットできる環境があります。

メリット2詰め物・被せ物のクオリティ向上

技工士3

専任の歯科技工士が法人内に常駐しているため、「ドクターとの密なやりとり」が可能になっています。

一般的には場所が離れているので、電話などを通しての連携となり、「密なコミュニケーション」はなかなか難しいものがあります。
当院ではいつでも話し合いの場が持てる環境にありますので、自ずと詰め物・被せ物のクオリティ(審美性・耐久性)が向上しています。

メリット3患者様とのコミュニケーション

技工士4

特に「審美性」が重要になる前歯の被せ物等を製作する場合、「患者様の意向」が非常に重要になります。「色合い」「形」などですね。
一般的にはドクターが患者様の意向をお聞きし、それを歯科技工に伝え、歯科技工士が製作していきます。

これは伝言ゲームと同じで間に人が入れば入るほど「真意」と異なった情報が伝わってしまうことがあります。
そのため理想は、実際に被せ物等を製作する歯科技工士が自分の目で確認し、患者様の意向を伺う事です。
当院ではそのような環境が整っています。

「高倍率ルーペ」を活用した精密治療

ルーペ

歯を作るのは機械でも可能ですが、実際の治療は歯科医師の手で行わなければなりません。
当院では「高倍率ルーペ」を活用して、視野を何倍にも拡大した状態で治療を行っています。
下の写真の通り、肉眼とルーペの差は一目瞭然です。

  • 肉眼で見た場合
  • 拡大ルーペで見た場合

歯科の治療では時にミクロン単位以下の繊細な作業を要することがあるため、治療時の視野の確保は非常に大切です。

また、歯の生え方や位置によっては、ルーペだけでは視野の確保が不十分になる場合があります。
このような場合、当院では「マイクロスコープ」による治療を行います。
どちらの方法で行うかは、適切な検査の後、しっかりとご説明致します。

「白さ」だけでなく「歯並び」も改善する治療

歯並びをキレイにする方法には大きく2つの種類があります。
ひとつはワイヤーやマウスピースによる通常の歯列矯正。
もうひとつはセラミックの加工技術を応用した「セラミック矯正」という方法です。

以下の表は、それぞれのメリット・デメリットをまとめたものです。

項目 メリット デメリット
セラミック矯正
  • 2~3回の治療で終了
  • 比較的低価格
  • 健康な歯を削る、または神経を抜く場合がある
歯列矯正
  • 健康な歯を削らずに治療できる
  • 骨格のバランスが整う
  • 治療期間が長い(1年半~2年半)
  • 治療費が高い

簡潔に言うと、「短期間かつ低価格」で治療できるのがセラミック矯正、「時間はかかるが自分の歯を保てる」のが通常の歯列矯正です。

どちらの治療法が良いかは、その方の目的に応じて変わってきます。
例えば、就活や結婚式を間近に控えていて「今すぐ歯並びをキレイにしたい」という方にはセラミック矯正が、「健康な歯を削りたくない」という方には歯列矯正がおすすめです。
いずれにしても、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえでご判断いただければと思います。

また、セラミック矯正には「ラミネートベニア法」と「オールセラミッククラウン法」の2種類があります。
ラミネートベニア法は「前歯」、オールセラミッククラウン法は「奥歯」に使用します。
それぞれの特徴は以下の表で詳しくご紹介します。

ラミネートべニア法の特徴

  • 付け爪のようなもので、歯を薄く削った部分にセラミックを貼り付け、歯並びと歯の白さを改善します
  • 変色しにくい
  • 汚れが付きにくい
  • オールセラミッククラウン法より耐久性に劣る

オールセラミッククラウン法の特徴

  • ラミネートベニア法よりも耐久性がある
  • ラミネートベニア法よりも歯を多く削る必要がある
  • 変色しにくい
  • 汚れが付きにくい

「身体に優しい素材」の厳選

詰め物・被せ物は、様々な種類、そして特徴があります。
当院では身体に優しい素材を厳選して患者様にご提案しています。
素材の一部をご紹介します。

■ジルコニア■

ジルコニアは、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、耐久性と審美性を兼ね備えた素材になります。金属は利用していませんので金属アレルギーの心配もありません。

■オールセラミック■

オールセラミックは天然歯のような色合い、そして強度を持ちます。金属を一切使用していないので、体に非常に優しい素材です。ジルコニアと比べ耐久度は若干落ちます。

コラム
「安く」白い歯が手に入る
― グラディアダイレクト

グラディアダイレクトはセラミックとプラスチックを配合した白い素材です。
セラミックの強度と透明感、プラスチック柔軟性を併せ持ち、主に「欠けてしまった歯の修復」や「詰め物」、または「歯を白くする」ことを目的と使用されています。

価格は18,000円
セラミックは優れた素材ですが、価格が10万円前後と高額で手が出しにくいというデメリットがありました。

一方、グラディアダイレクトはプラスチックを配合することで、セラミックの長所を損なうことなく比較的低価格での提供を可能にしています。

歯の状態によっては使用できないケースもあるため、興味のある方は一度ご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

〒808‐0012
北九州市若松区深町1‐1‐1 マルショク深町内

093-701-5108

診療時間
0:00 ~ 4:00 //
5:30 ~ 9:30 ///
  • 休診日 : 日曜日・祝祭日
  • ▲1…第2、第4木曜日は休診
  • ▲2…土曜日 : 09:00 ~15:30(休憩時間無し)

Contact

093-701-5108

診療時間
0:00 ~ 4:00 //
5:30 ~ 9:30 ///
  • 休診日 : 日曜日・祝祭日
  • ▲1…第2、第4木曜日は休診
  • ▲2…土曜日 : 09:00 ~15:30(休憩時間無し)

PAGE TOP