虫歯

キービジュアル

治療の「痛み」や
削る量」を減らし
歯を守ることを
最優先に考えています

  • 「痛み・削る量」を抑えた治療
  • 「神経を守る」治療
  • 「抜歯を回避」する治療

今話題の「ドックスベストセメント
がございます。
削る量を減らし、
通常なら歯の神経の除去が
必要となるケースでも
神経を残すことが可能になりました。

ドックスベストセメント

「痛みを最小限」に抑えた治療

「歯の麻酔は痛い」と思っている方は多いです。
しかし取り組み次第で痛みは最小限に抑えることができます
当院が実際に行っている治療方法をご紹介します。

STEP1表面麻酔

表面

当院ではいきなり針は刺すことはしません
最初に歯茎の表面に麻酔をかけることで針を刺すときの痛みを和らげます。

STEP2「極細の針」を使用

針

針は細ければ細いほど痛みは少なくなります。
中には「針を刺されたことに気が付きませんでした」と言ってくださる患者様もいらっしゃいます。

可能な限り「削る量を抑える」取り組み

削れば削るほど、歯の寿命は短くなってしまいます。
当院では虫歯だけを正確に削り、歯の寿命を守る治療に取り組んでいます。

取り組み1.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液は虫歯の部分だけを赤く染める薬剤です。
治療を必要とする部位が鮮明になるため、必要以上に歯を削ってしまうリスクがなくなります。
さらに、肉眼では見えにくい小さな虫歯を見つけやすくなるため、進行する前に治療することができます。

取り組み2.グラディアダイレクト

グラディア

身体に優しいプラスチックとセラミックを融合した素材で、主に「詰め物」として使用します。
ゲル状で柔軟性が非常に高く、最小限の削る量で治療できる点が他の素材と大きく異なる特徴です。

<その他のメリット>

  • 「強度・見た目」が天然歯に近い
  • 欠けた歯の修復」や「歯を白くする」ことが可能
  • 変色しにくい
  • 1回の治療で終了する

可能な限り「神経を残す」治療 -「ドックスベストセメント」

ドックスベスト1

虫歯が神経に達するまで進行してしまった場合、従来の治療では神経を抜くしかありませんでした。
しかし、神経を抜いた歯には栄養が届かなくなり、その結果、歯が脆くなるというデメリットがあります。

ドックスベスト2

当院では神経を残す取り組みとして「ドックスベストセメント」という薬を使用しています。
ドックスベストセメントはミネラルの力で虫歯菌を殺菌し、虫歯で柔らかくなった部位を再び硬くさせる効果があります。

薬剤は歯の内部まで浸透するため深い場所にある虫歯にも効果を発揮します。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

〒808‐0012
北九州市若松区深町1‐1‐1 マルショク深町内

093-701-5108

診療時間
9:00 ~ 13:00 ///
14:00 ~ 18:00 ///
  • ▲:土曜「午後」の診療時間は14:00~15:30になります
  • 休診日 : 木・日・祝・他(夏季休暇、年末年始、法人指定有給など)

無料オンライン矯正相談

Contact

093-701-5108

診療時間
9:00 ~ 13:00 ///
14:00 ~ 18:00 ///
  • ▲:土曜「午後」の診療時間は14:00~15:30になります
  • 休診日 : 木・日・祝・他(夏季休暇、年末年始、法人指定有給など)

PAGE TOP